Dahlia flower headpiece for a bride.

January 22, 2019

tips of a silk flower making. 

I created a dahlia flower headpiece for a bride, using silk organza fabric. 

Dahlia flower has many petals so it takes a bit of time but it's not difficult.

You can make it with a basic way of silk flower making. 

(Sorry, forgot to take pictures of detailed making...)

Big dahlia headpiece is very elegant and dynamic and can be fitted with

both Japanese traditional KIMONO style wedding and a wedding gown.

 

When I create a silk flower, I carefully research the shape of its flower. 

Dahlia has many tightly rolled and curled, ray-like petals in the center and

those get larger outward. Showing those petals shape clearly, that's the key to create silk flower. 

 

Choosing material and color is also the key.

If you choose a thick and dark fabric, it's going to be a heavy flower.

This time, the bride had a bridal party in Summer,

so I used a thin and see-through fabric to create a lighter flower.  

 

花嫁さんに大きなダリアのヘッドドレスを作りました。

ダリアは花びらがたくさんあるので少し大変ですが、基本的なシルクフラワーの作り方で割と簡単に作れます。

(すみません、制作過程の写真を撮るのを忘れました・・)

ダイナミックでとてもエレガントな大きなダリアのヘッドドレスは、

和装スタイルの結婚式にもウェディングドレスにも、どちらにもよく似合います。

 

リアルなシルクフラワーを作るコツは、花の形、花びらの形を良く研究する事。

ダリアは筒状の長細い、カールした花びらが中心からミッシリ重なり、外側へ向かうにつれ大きくなって行きます。

 

そして素材選びも重要です。

洋服と同様に、分厚い布を使うと重厚感のある花に、透け感のある布を使うと軽やかな花に仕上がります。

今回の花嫁さんは夏の結婚式でしたので、透け感のある素材を選びました。

 

sew together petals and back sides. 

 

details of dahlia petals.

 

 

 Dahlia flower headpiece with washi paper earrings matches very well.

ダリアのヘッドドレスは和装に、和紙で作ったイヤリングはドレスに合わせてご利用頂きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload