NEW editorial work / VOGUE Italia


Black and white disk headpiece on @vogueitalia








Thanks all , thanks again Altorrin for finding me.


Photographer: @wattphoto

Grooming: @nicolettegoldartistry

Styling: @altorrin

Model: @aslancrawley


dress : @2madisonavenue


Hat: @ayuko_millinery


#editorial#editorialphotography#VOGUE#vogueitalia#millinery#milliner#ayukohishikawa#nycmilliner#fashion

VOGUE掲載の裏話


ファッション誌に疎い私ですら当然知っていたVOGUE

始めて帽子創りを習った師匠、Annya Caliendo がVOGUEで活躍していた事もあり、

NYに来てからは漠然とVOGUEに掲載されるような帽子が創れたらいいな〜という気持ちを

頭の片隅に置いてやってきた。


ついにその目標が達成された!が、正直実感がないというか、いつも通りというか。。

夢とか目標って、案外こういうもんなんだろうな笑


でもきっと後で振り返り、思い返したら、良くやった、昔の自分!と思える気はする。


地味〜に発信していた私を見つけてくれたスタイリストのAltorrin、本当にありがとう。



8年前、Anyaのハットクラスを受けていた時にこっそり聞いた事がある。


スタイリストさんや雑誌に、自らアプローチして売り込みした方がいいの?と。


すると意外にもAnyaはこう言った。


「素晴らしい物を創って発信していれば、彼らが見つけてくれるわョ。」

(どうせ彼らめちゃくちゃメールとか来るから、見てないし。的な事も言っていたけど笑)



その言葉を信じて、私は偶然にもNYに住むことになり、ここで活動するようになってからも、一度も自分からスタイリストさんや雑誌にアプローチした事が無い。(単純に断られたら凹むし..という理由もある)


ただひたすらにより良い物を!より自分が納得できる物を!という思いで創り続けてきた。

Anyaの言葉は嘘ではなかった。ありがたい事に、どこからどう見つけてくれたかは謎だが、

スタイリストさんやフォトグラファーさんの方から声をかけてくれるようになった。

そしてこのVOGUE掲載も。


しかも人生わからないもんだ、と思うのは

この帽子、実はスタイリストさんの急な依頼で1時間程でささささーーと創ったもの・・

今までの他の作品にもあるように、めちゃくちゃ手間も時間もかけて創った大作どーーん!の帽子ではないのだ。


悲しいかな、時間や手間をかければ、日の目を見るという訳ではないのだ。


でもこのささささーっと創っていた瞬間私は気がついた事が有る。

多分これをささささーと創る為には、今まで創り続けて来た地道な経験と技術が必要なんだろうなと。


よく現代アーティストのただの線みたいなアートが、ギャラリーとかに飾られていて、

いやこんなん私でも描けるわ!とか思ったりするが


きっとその''ただの線''を生み出すために、そのアーティストは何年もかけ、色々なテイストや技法のアートを模索し試行錯誤したりしてきたんだろうと気がついた。(ホントの所はわからないけど)


とにかく感動こそ薄かったものの、私はこのVOGUE掲載までの経験から、色々な物を得た。

掲載された事よりも、それに至る経験こそに価値がある。そう思う今日この頃。キリっ


それを胸に、腐らずに、創り続けよう。